すてぃ次郎の米国株ブログ

CrowdStrike FY22 3Q決算と今後の推移について

おはようございます、すてぃ次郎です。

今回は、「CrowdStrike FY22 3Q決算と今後の推移」について書いていきます。

記事がよいと思った方は下記をポチポチ宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

初めに

今回は先日決算があったCrowdStrikeについて書いていこうと思います。

ブログの方では少し時間が経ってしまいましたが、記録として残しておこうと思います笑

Youtubeでは決算当日にアップしていますので、3分程度の動画もご覧いただけると幸いです!

補足配信は以下から

CrowdStrikeの決算について

CrowdStrikeの決算についていくつかスライドを貼っていきます。

アナリスト予想は全てクリア。

売上高前年同期比+63.5%とグロース感は継続。

Covid-19での成長加速は依然として続きそう。

YoYは63%、QtoQは+12.5%の成長率。

YoYの数字はやや鈍化しているが、QtoQは12%前後を推移。

12%成長をQtoQで続けた場合、通年で57%成長となります。

大きな変化がなければ概ね現在の水準が維持されると思います。

来期ガイダンスはQtoQ+7.7%、YoY+54.5%。

CrowdStrikeはガイダンスから上振れする傾向がある為、問題ないと思われます。

見込みとしては、YoY+62%程度で現状の成長率が維持されると予想。

とは言え、DocuSignの例もあるのでしっかりと決算を確認していく必要はあります。

CrowdStrikeの株価推移

年初来チャートで確認していきます。

ハイバリュエーションに上半期は苦しみながらも夏場は金利見通しの安定により新高値を取る展開へ。

11月以降は、レーティング格下げや地合の影響を受けるも決算は良好。

現在のバリュエーションはPSR32.9倍、YoY+63%。(2021/12/09ザラ場)

金融相場水準では概ねPSR40倍強の数字を維持していたが、今後の水準を確認する必要有。

また、小さいが成長率の若干鈍化にもバリュエーション修正を行う必要有。

現在の水準が安いかは来年の金利の見通しを考えると難しいところ。

安値で持っている方はホールド、高値の人は見通しによって意見変更が良いでしょう。

また、来年の上半期はCrowdStrikeは伸び悩みを予想しています。

好決算が継続していれば下半期には良い局面もあると予想。

すてぃ次郎の所感

個人的にはクラウドストライクは安値で持っているため、ホールドを予定しています。

しかし、業績相場への転換時には株価が伸び悩む or バリュエーション訂正を食らう筆頭銘柄です。

現在のハイテクグロース銘柄のPF比率は22%程度です。

その一角を担う決算の良さがありますが、やはり見通しは楽観的ではないです。

良い時もあれば悪い時もあるのが、残念ながら株式市場です。

ある程度、相場及び自分の都合を考えながらトレーディングが必要な銘柄の一つと思います!

以上、すてぃ次郎でした!

アメリカ株について毎日呟いています。良かったフォローお願いします!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 86585_1546848848_069261800_0_750_555-e1612057752786.jpeg

記事がよいと思った方は下記をポチポチ宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

Youtubeも始めましたのでぜひチャンネル登録も宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。