すてぃ次郎の米国株ブログ

Arbutus Biopharmaの反転訴訟及び進捗について

こんにちは、すてぃ次郎です。

今回は、「Arbutus Biopharmaの反転訴訟及び進捗」について書いていきます。

記事がよいと思った方は下記をポチポチ宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

初めに

昨日、Arbutus Biopharma及びGenevant SciencesがModerna TXに訴訟を開始したことがIRで発表されました。

https://investor.arbutusbio.com/news-releases/news-release-details/arbutus-biopharma-and-genevant-sciences-file-patent-infringement

進展があったArbutusは今後どうなるのか?について書いていこうと思います。

Arbutus Biopharma反転訴訟の概要

今までの流れについては以下の記事を参照ください。

この続きを記載すると、

①2021/12/1 Moderna TXからArbutus Biopharmaへの特許取り消し訴訟第二審はModerna敗訴

②2022/1/31 Moderna がSpivax(Covid-19ワクチン)のFDA完全承認を受けるが、関連の内容開示は無し

③435特許関連の上訴期限が昨日切れ、Arbutus Biopharma及びGenevant Sciencesが訴訟を行った

訴状は以下のリンク

https://investor.arbutusbio.com/static-files/193fff17-0bdd-4287-8dfd-3617d3bf7850

Arbutus Biopharmaの現在と訴状要約

昨日の相場中に記事を書いていますが、現在は株価が前日比でマイナスとなっています。

この要因は、反転訴訟に転じたことによる長期化を懸念した売りと思われます。

しかし、結果として価値が失われるものではなく、寧ろ上記の訴状には証拠の保有や進展が確認できます。

勿論、片方の意見だけに耳を傾ける訳にはいきませんが前回の訴訟でモデルナの証拠の無さは露呈しています。

内容を一部抜粋すると、

①第一相臨床試験時にABUSの特許を使用している事はNatureのプレ記事より明確だったが、その後の記事で削除など都合よく隠している。

②第一審後及び第三相臨床試験後の2020/11にABUS及びGenevant側から交渉の場を設ける書簡を送付し、返信があったものの下交渉でモデルナ側から打ち切り。

③その後、Genevantの新特許に関して電子メールを連絡するも使用を継続。

④第二審を超えてもライセンス料に関する交渉の場を設けようとしないので反転訴訟を行う。

⑤副社長は裁判などで第三相試験ではLNPの内容を変更していると公言しているが、使用していた場合は偽証罪になる。

とのことでした。

特段不思議に思う点はなく、寧ろモデルナの過去の発言を考えると…という印象です。

Arbutus Biopharmaの今後の展開

Arbutus Biopharmaの今後の展望は特許訴訟の進行と同じになります。

強いて言うならばアドバンテージとして、既に特許の内容は認められているため証拠開示で決着がつく可能性が高い点です。

流れとしては、

①訴状を送る

②応答を受け取る

③証拠開示

④裁判所での弁論

⑤判決

という流れになります。

以下のリンクでのデータによると④まで到達するのは全体の4%であるとのことです。

https://www.moj.go.jp/content/001142280.pdf

その殆どは、証拠開示までに和解を済ませるそうです。

また、リンクを見失って恐縮ですがあるデータでは実際に裁判所での弁論となると訴状を送った日から平均18カ月となるそうです。

更に、デラウェア裁判所の場合は中央値で38カ月掛かるというデータも拝見しました。

しかし、今回のケースは証拠開示で一目瞭然の結果になります。

そこまで時間が掛からない可能性もあります。

その根拠は懲罰支払い(最大3倍)と弁護士費用によるものです。

必ずとは言えませんが、Genevantの一般的なライセンス料は14%、悪質な場合は20%ですからそれ以上となると手に負えなくなります。

反面リスクは追加項目4点の判断です。

この点をどの様に取り扱うかが論点になりそうです。

最終的な予想

Arbutus Biopharmaは、一定期間内に和解になる可能性が高いと思われます。

なぜモデルナが3か月間交渉していなかったのか分かりませんが、経営陣の売り抜け時間などが該当するかもしれません。

モデルナが特許を使用している場合には新薬などにも影響しますので売上高のほぼ全てに該当してきます。

FY21が18.4B$/FY22が19~22B$程度の売上高が予想されます。

ArbutusはGenevantから取得ライセンス料に該当する売上高の5%まで請求することが出来ます。

それらを売上高計上するので、2年分だけで最大2.02B$の売上高が立つことになります。

また、来年度以降もモデルナは売上高が出るので、通常10M程度の売上高のABUSにとっては大きな利益です。

具体的な計算式を持ってくると、

ABUS FY22 EPS:((1100+10)-90)/145=7.03$

現在のモデルナのPER:約5.5倍。

同じPER計算を行う場合:7.03×5.5=38.665$

ワクチン銘柄は現在下火とは言え、ヘルスケアの平均値より低いバリュエーションで推移しているので何も不思議ではないです。

仮に、PBRで計算すると

2.02B$の受け取り想定 現在のABUSPBR:466/(2020+165)=0.21倍

現在のモデルナのPBR:2.95倍

同じPBE計算を行う場合:3.21×(2.95/0.21)=45.1$

となります。

この内容の数字変更は結果が出たからの変動に成ります。

現時点での可能性を探る上では、3$は高いとは言えないと考えます。

すてぃ次郎の所感

昨日の株価推移でがっかりしている投資家もいるかもしれません。

しかし、ここからがスタートラインであり、考えているより短い可能性があります。

今日明日の解決とはなりませんが、着実に決着に進みつつあります。

ぜひ振り返りや一次ソースを確認しながらお待ちください。

今後もフォローしていく予定ですので、今後もよろしくお願いします。

以上、すてぃ次郎でした!

アメリカ株について毎日呟いています。良かったフォローお願いします!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 86585_1546848848_069261800_0_750_555-e1612057752786.jpeg

記事がよいと思った方は下記をポチポチ宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

Youtubeも始めましたのでぜひチャンネル登録も宜しくお願い致します!

8件のコメント

    1. 投資家さん

      気づかず、ご返信遅れてすみません。

      仰る通り、Roivant資料では最低でも2年はかかり、Modernaから返答書が送られてくるまで数カ月かかるとあります。
      通常の考え方ではそれぐらい掛かっても不思議ではないと思います。
      (この文章も専属弁護士の意見が入っているためです。)

      結論を申し上げますと、想定期間は分かりませんが2年より早い可能性も十分あると考えています。
      その理由は記事にも書いた通り、裁判所で公判になるまでの平均は18カ月であり、それ以前での和解が96%だからです。
      今回の件は、既に特許庁及び裁判所に取って裁量を量る上では既出であるため、資料提出からは早い可能性が高いです。

      この辺はModernaの提出時期に依存するので結局のところは不透明です。

      Arbutus側の主張はModernaを交渉の場に立たせることと書いてありましたので、それ以前に開始される事もあるかもしれません。

      1. 回答ありがとうございました。
        応援しています!! 
        がんばってください。

  1. 質問があります。
    下記の、モデルナが起こした新しい裁判の件です。
    https://seekingalpha.com/news/3834716-moderna-urges-court-to-dismiss-patent-claims-on-covid-19-shot?utm_campaign=twitter_automated&utm_content=news&utm_medium=social&utm_source=twitter_automated#comments

    モデルナ側の言い分は無茶苦茶だと思いますが、これで裁判が新しく開始されると思われますか?
    裁判所はこの訴えを認めると思われますか?
    モデルナとabusの裁判はさらに長期化しそうでしょうか?
    お考えをお聞かせください。

    1. 投資家さん

      モデルナが主張している法的根拠がまだ確認できていないので、憶測の域は超えませんが主張には難しさを感じます。
      この件に関しては少なくとも判断に時間はそんなに必要ないと思われます。
      裁判所がその様に認めれば移動となるでしょうし、棄却も早いと思います。

      モデルナが今やっている事は恐らく最後の責任転嫁と思われます。
      今後、メインストーリーに沿って行けば証拠開示があり、明確に違反している可能性が高いです。
      そうなると略式裁判が濃厚になります。
      つまり、これを回避する最後の案ではないかと思いますが、無茶苦茶ですよね笑

      正直展望については、分かりませんがこの件については早期決着が予想されます。
      また意見変更があればコメント致します!

      1. 回答ありがとうございました。
        YouTubeも拝見させていただいております。
        abusの決算のLiveも期待しております。
        これからも頑張ってください!

        1. いつもありがとうございます✨
          Arbutus決算は特に新規の点は無く、今月の株式総会での役員報酬による株式希釈ぐらいしか直近ニュースは無さそうです!笑
          また、気になることがあればコメントください!

          1. 重ね重ねのご回答、本当にありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。